呪怨 黒い少女

先日見た白い老女とペアで公開された片割れを時間をおいて鑑賞。
順番的には黒い少女を見てから白い老女を見る方が良かったのかもしれない。
姉妹で除霊もののホラーをどこかで見た気がするのだけど思い出せなくて、チョー気持ち悪い!

一時呪怨の元ネタになったような学校の階段の短編シリーズを見てたときだろうか。
この姉妹もどこかで見た気がするのに思い出せない。
年とるって嫌だね…

話的には従来の呪怨がかなりビジュアルでおぞましいところも大事にしていたホラーだったのに比べて、心理的な罪悪感や人の怖さみたいなものをしっとり描いた話になっていた。
端的に言うと個人的には怖くなかったのだけれど、こっちのほうがじわじわ来るという人もいるのかもしれない。
それにしても俊夫くんは無理に出さなくてもよいのでは?

加護ちゃんも所属事務所が決まったようなのでまた表舞台に出られるといいね。

呪怨 白い老女

呪怨シリーズをリブートする目的で作られた白い老女、黒い少女のペアで公開された白い老女を鑑賞。
脚本・監督は宇多丸のウィークエンドシャッフルでスクリプトドクター特集に登場した三宅隆太監督。プロデューサーは一ノ瀬隆重、監修は清水崇とオリジナル呪怨コンビのもとかなりオリジナルのテイストに近いものを作ろうという意思が感じられる。

PSNのレンタルで見たのだけれど、なぜだかSD版しかなくてSD版で見たのだが、その画質の悪さがオリジナルビデオ版の呪怨を彷彿とさせて逆によかったかもしれない。

ホラーアイコンとしてアイドル化したカヤコはすでにジェイソンXレベルに海外出張も自由自在で何でもありになってきてしまっていたので、カヤコというキャラクター以外で呪怨の怖かった部分を抽出しようという試みなのだろう。

結果としてオリジナルに近い雰囲気は出ていたと思う。
短編を時系列をいじって組み合わせていく手法。じわじわと不安な感覚。
そういう意味では60分の小品としてはホラーファン向け佳作という感じがする。

ラストのテイストには賛否あると思うが、新しい呪怨としてありだろう。

自分が一番面白かったのは白い老女のメイク。
出てくるときはビクッとして笑いが漏れる感じ。カヤコもよく見ると笑っちゃうのだが、笑っちゃう度が格段に高い。

あと、ムロツヨシが司法浪人というのも、アッキーナが高校生というのもちょっと老けすぎ!
アッキーナの同級生役の子も結構きつかったので、画質とあいまって古いAVおたいな絵になってしまっていたのが残念。
そこも含めてVシネぽいともいえるので、ファンなら楽しめる1本だと思う。