アントマン

マーベル・シネマティックユニバースの一作品のアントマン。
アヴェンジャーズで派手な話をしている分、話のスケールが小さくてショボい感じがしてしまうが、他のシリーズが大きい風呂敷広げすぎなだけか。
主人公が小さくなるのでたいした破壊とかはないわけだけれども、小さい本人にとっては大惨事なことが普通サイズの人から見ると的な構造の笑いが随所にあって気軽に見られる家族ムービーといった感じ。

ただ、コミック原作を知らずに見たものとしては、思ったより蟻が出てきてビックリ。
本人が蟻のように小さくなるからアントマンなんだとおもったら、蟻と一緒に戦う設定があって、これはダメな人には全くダメなビジュアルなんじゃないだろうか?
昆虫がダメという人も、小さなものがワラワラとあつまって蠢いているビジュアルがダメというひともゾゾゾとするシーンがあるので、アクションコメディーとして見るときに彼女が昆虫嫌いだと険悪な雰囲気になるかも?

個人的には戦いの最後のシーンの世界の表現がもうちょっと頑張ってほしかったかな。
でも、ミクロの決死圏や、ミクロキッズ、ワンダービートSを思い出してちょっと懐かしくもあり、CGの進化もあって楽しく見られる映画ではあるよ。