呪怨 白い老女

呪怨シリーズをリブートする目的で作られた白い老女、黒い少女のペアで公開された白い老女を鑑賞。
脚本・監督は宇多丸のウィークエンドシャッフルでスクリプトドクター特集に登場した三宅隆太監督。プロデューサーは一ノ瀬隆重、監修は清水崇とオリジナル呪怨コンビのもとかなりオリジナルのテイストに近いものを作ろうという意思が感じられる。

PSNのレンタルで見たのだけれど、なぜだかSD版しかなくてSD版で見たのだが、その画質の悪さがオリジナルビデオ版の呪怨を彷彿とさせて逆によかったかもしれない。

ホラーアイコンとしてアイドル化したカヤコはすでにジェイソンXレベルに海外出張も自由自在で何でもありになってきてしまっていたので、カヤコというキャラクター以外で呪怨の怖かった部分を抽出しようという試みなのだろう。

結果としてオリジナルに近い雰囲気は出ていたと思う。
短編を時系列をいじって組み合わせていく手法。じわじわと不安な感覚。
そういう意味では60分の小品としてはホラーファン向け佳作という感じがする。

ラストのテイストには賛否あると思うが、新しい呪怨としてありだろう。

自分が一番面白かったのは白い老女のメイク。
出てくるときはビクッとして笑いが漏れる感じ。カヤコもよく見ると笑っちゃうのだが、笑っちゃう度が格段に高い。

あと、ムロツヨシが司法浪人というのも、アッキーナが高校生というのもちょっと老けすぎ!
アッキーナの同級生役の子も結構きつかったので、画質とあいまって古いAVおたいな絵になってしまっていたのが残念。
そこも含めてVシネぽいともいえるので、ファンなら楽しめる1本だと思う。

ジュザベル

『ソウ』シリーズなどのケヴィン・グルタート、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどの製作に携ってきたジェイソン・ブラムがタッグを組んで放つ!という宣伝文句のホラー映画。
ケヴィン・グルタートがソウシリーズのどれ撮ったのかと思ったら6とファイナルじゃないか。
見終わった後で知ったけど、見る前ならやめてたかも笑

最近見たホラーの中では珍しくつかみで結構ビックリさせるシーンがある。
どこ見てもあらすじには書いてあるんだけど、できるだけあらすじを見ないようにして見始めたのでびくっとなりましたよ。

離れていた実家に戻ることになった主人公が、家の中でじわじわと怖い目にあって原因をさがしていくという、Jホラー的なパターンで話はすすんでいく。

この作品のいいところは主人公の女の子が微妙に年取ってて、可愛い気もするけどよく見るとそうでもないし、ちょっと年が実年齢より上に見えるあたりがこういう不幸に向いている。
あと途中で主人公を助けてくれる高校時代の同級生役の男がまったくもってカッコよくない。他に頼れる人がいないなか、彼だけ主人公にすごく優しいという意外に取柄がなさそう。
こういうところがリングとは違う。

あと風景が綺麗でよかったかな。
湖と母親というところで13日の金曜日(1作目)を思い出したり。

最終的な怪奇現象の原因が分かってみると、本当に主人公がただただ不憫でしかたがない。
主人公もやたら乳を見せて道徳的ではないけど、他の登場人物がひどすぎるだろー。

ホラー苦手でも見られるくらいの怖さだけれども、ホラー好きじゃない人が見たら全然楽しめないだろうなと思う一本。

インサイドヘッド

ピーター・ドクター監督だから間違いはないと思っていたけれど、なんとなく見逃してDVDで鑑賞。
モンスターズ・インク、カールじいさんの空飛ぶ家を撮っていて、そのほかのピクサー作品にも原案や総指揮で関わっているピーター・ドクターだから、地味そうでもしっかり面白い。
カール爺さんもぱっと見は地味だものね。

この手の頭の中の感情がそれぞれ擬人化されるようなアイデアはあるのだろうけど(ちょうど脳内ポイズンベリーが時期的にかぶって公開していたし)、あれだけ分かりやすく全体を体系的に構築するのはやはりすごいなぁと感心させられる。

主人公は「喜び」なわけだが、話が進むにつれて憎めないけど、やや独善的でイラっとするキャラクターになってくる。かといって「悲しみ」に感情移入するのもむずかしいので、比較的俯瞰的に見続けるような作品なのかなと。

かなり分かりやすく可愛いキャラクターが動き回るわけだけど、完全に大人向けに作られている気がする。というか、思春期を越えてないと理解できないよね。

100分ないくらいの作品なので疲れた休日に吹き替え版で見るといいと思う。おすすめ!


出てきたときはビンボン全然可愛くないなーと思っていたのに見終わると大好きになってしまった。ビンボンの映画といっても過言ではない!

ターミネーター 新起動/ジェネシス

新年一発目の映画がこれ。
シリーズとしてのネームバリューはあるけど、審判の日の前も後ももう広がらないだろうと思っていたが続編でたんたね。という事で劇場スルーしていた作品をDVDで鑑賞した。

監督はアラン・テイラー。調べてみるとゲーム・オブ・スローンズのテレビシリーズやマイティ・ソーの二作目をとったりしてるらしい。
作家性が強いというより職人気質監督なのだろう。

以下ネタバレあり!

見る前に気になった点といえば、もう広げようもない話をどうするのかと、シュワルツェネッガーの加齢をどう処理するのかというところ。
最初の問題点はタイムトラベルものの定番でありある意味罠だと思う、過去改変による別時間軸に移動して…的な方向で回避していた。しかし、これってターミネーターがSFマニア向けではなくヒット作として一般受けするために、今までの作品ではかなり意識して避けてきた展開だと思うんだよね。
過去を改変しても歴史の大きな流れは変わらない路線を大きく変えたことで、設定の複雑さだけが膨らんでしまった。

シュワルツェネッガー加齢問題はターミネーターの皮膚も加齢するようにできている+送られた時間をずらすことで解決。
しかし、画面の中の見た目年齢よりもアクションが年寄りっぽいことの方が問題なような。

期待しすぎなければ及第点。
ターミネーターシリーズが好きな人だとしんどいかも。

単体として見ても映像・アクション・ストーリー共に目新しいところはなくて、2時間潰すことはできても、これをきっかけにターミネーターを好きになる若い人は生まれないだろうなぁ…

Xperia Z4 Tablet (S0-05G)を格安SIMでテザリング可能にした

docomoのキャリア割引を利用して端末を買ってMVNOの格安SIMで運用する場合問題になるのがテザリング。
docomoはテザリングのときにはSPモードに勝手に接続先を切り替えるので、docomo以外のSIMを使っていると通信できなくなって、
「テザリング中にエラーが発生しました」
という悲しいメッセージとともにテザリングが解除される。
これはSIMロックを解除しても解除されない。

そこで、Androidの設定をいじってこの制限を解除してみた。

コレはやると保証がなくなったり、失敗したりすると動作がおかしくなったりする可能性があるので、本当に自己責任で!

Windowsの人は
【MVNO】非rootなドコモ端末をMVNO SIMでテザリングを可能にする方法(中級者向け)
ここを参考にするといいのではないかと思う。

自分はMacなので

1. Android Studioのインストール
参考:ゼロからわかるAndroid Studioインストール手順(Mac版)

2. Xperia Z4 Tablet (S0-05G)でUSBデバッグを有効にする
参考:Android端末を「デバッグモード」(USBデバッグ)に設定する
設定画面 → タブレット情報(一番下) → ビルド番号を7回タップ → 設定画面トップにもどる → 開発者向けオプション(下から2番めに出てきてる) → USBデバッグ USB接続時はデバッグモードにする にチェックを入れる

3. adbのパスを通す
参考:[Mac]AndroidStudioのSDKのPathを調べて通し、adbコマンドを使えるようにする
 a) AndroidStudioを起動してAndroid SDK locationのパスを調べる
 b) Lounchpad → その他 → ターミナル でターミナルを起動
 c) export PATH=$PATH:コピーしたパス/platform-tools と入力してEnter
 AndroidStudioのAndroid SDK locationのPathに/platform-tools が含まれて無くてチョットハマった

4. adbコマンドを打つ

adb shell
settings put global tether_dun_required 0
exit

5. Xperia Z4 Tablet (S0-05G)を再起動

これで試したところ、DMM-MobileのSIMでもテザリングできました。

Xperia Z4 tablet (SO-05G)を実質6000円で手に入れた

このところDual SIMでドコモとU-mobileを併用していたのだが、結局「仕事で結構通話する」という結論に達したため、ドコモ一本にもどすことにした。

その場合どうせ2年縛りで話し放題・データパックをつけなければいけないので、新しい端末に機種変して月々割もらったほうが良いなと思ったのだが、最新機種でほしい機種もなく、機種変一括0円というような端末もなかったため、SO-05GつまりXperia Z4 tablet LTEモデルに機種変することにした。

発売日に新宿ヨドバシカメラ西口本店に行った所在庫有りとのこと。

本体価格 95,472
オプション盛盛割引 ▲2,160
貯まってたドコモポイント ▲9,612
支払い総額 83,700
発生したポイント ▲8,370
月々サポート(2,457/月×24回) ▲58,968
お取替え割(機種変割引)(432/月×24回) ▲10,368
実質支払 ¥5,994

結構安くなったなと思ったので、アホみたいに高い純正キーボードも買うことにした。
このキーボード¥16,710もするのだよ。(7/17時点の店頭価格)
ただ、今だと合わせて買うと5,000円キャッシュバックキャンペーンをやっているので実質¥11,710
まだ十分高いが、本体が安価に手に入ったのでこのくらいの贅沢はいいだろう。

Xperia™ Z4 Tablet PCスタイルキャンペーン

このキーボード、実際使ってみるとなかなかに使い勝手は良いので余裕があったら買っておくのはオススメです。
翌日docomoのオプションを解約しまくったことは言うまでもありません。

Zenfone6(香港版)をExpansys経由で修理に出したら7週間かかった話

結論からすると、きちんと修理はされたし、Expansysのメール対応は迅速だったけど、修理自体は7週間かかったということ。

4月の後半、zenfone6が変な再起動を繰り返すなぁと思っていたら、起動しなくなってしまったのでとりあえず販売店のExpansysの保障規定を確認。

ご利用ガイド -保障について-

購入から半年だったので、今回は

発送日より3ヶ月以上一年以内に故障のご連絡があった場合は、日本から香港にご返送頂く場合はお客様に送料をご負担頂き、香港から日本へお送りする際は弊社が送料を負担いたします。(修理品を香港からお客様にご返送する際の発送先は日本に限らせていただきます。)

という部分に当たる。とりあえず送れば修理してもらえるようだ。
そこで次のような手順を踏んだ

1.サポートアドレスへメールで修理依頼
2.サポートからいくつか確認のメールがありやり取り
3.サポート指定の住所へ国際宅急便で発送
4.長いこと待つ
5.修理品が戻る

1.サポートアドレスへメールで修理依頼
Expansysのサイトには修理の手順や、修理品の送り先は記載されていなかったため、とりあえずメールで購入した商品が故障したこと、修理したい旨を商品名と購入時のオーダー番号を添えて送った。

2.サポートからいくつか確認のメールがありやりとり
サポートからの返信は当日中に帰ってきた。
まずは状態を確認したいということで、アダプターを指した状態でどういう状態かの写真を送って欲しいとのことだった。
自分の端末は電源指そうが画面はおろかLEDもつかない状態だったのだが、一応写真を撮って送付したところ修理対応になるということで、送付先住所が送られてきた。

3.サポート指定の住所へEMSで発送
近くの郵便局で料金を比較したが数百円しか差がなかったので一番早いEMSにした。
領収書をなくしてしまったが1,000円前後だったと思われる。
気になる人は郵便局のサイトで確認してください。
国際郵便 料金・日数を調べる

4.長いこと待つ
Expansysから到着の連絡があり、「全ての作業が完了するまで約2~3週間かかる予定です」とのこと。しかし、そこからが長かった。
4週間経過したところで何も連絡がなかったため再度問い合わせ。
“現在ASUSサポートセンターによると、この度非常に込合っておりますので、修理は通常より時間がかかるそうでございます。 ”
とのこと、紛失とか忘れられてるとかではなさそうなのでしょうがない。

5.修理品が戻る
ちょうど旅行が近づきテザリングできる端末がないと困る(手持ちのdocomo端末はテザリングしようとするとAPNが強制的にSPモードになるためMVNOのSIMでテザリングできない)ので、とりあえずと8000円でXperia tipoを買った次の日だった。
「修理が終わったので発送します」の連絡…。
その2日後に荷物はFedExで届きました。
結局修理完了まで7週間ほどかかったことになります。

キャリア販売の端末であれば代替機が出て修理中もさほど変わらずですが、SIMフリー端末は故障すると修理中は昔の端末使うしかないので手元に1台は予備を持っていたほうがいいですね。

また、今回の修理が長かったのはExpansysが悪かったわけではなさそうですが、海外端末の修理には時間がかかることも購入時には検討材料に入れておくべきかもしれません。

docomoのキャリアメールを残してMVNOのU-mobileを併用した実際の月額費用

2段階認証にキャリアメールを使っているので、docomoとの契約は切りたくない。
ということで、MVNOのU-mobileと併用してみてまる1ヶ月以上が過ぎたので、実際の使用料がどのくらいなったかという件。

契約の種類

docomo
タイプXiにねん(10年超)
spモード
留守番電話

U-mobile
新ダブルフィックス
留守番電話

docomoは今まで使っていたデータプランを解約。「通信するとパケット料が大変なことになりますよ」とdocomoショップで脅されます。
気を抜くと通話放題2700円に入れられてしまうので、

SIMを切り替えて使うために行っていること

Android端末でdocomoのキャリアメールをspモード以外の通信で受信する

1.docomoIDを発行する
発行の仕方は
docomo ID発行ガイド

2.docomoメールのマルチデバイスを有効にする
有効にする方法は
マルチデバイスでのご利用方法

3. メーラーを携帯にインストール
cosmosiaというアプリをインストール。
Google PlayのCosmosiaのページ
cosmosia

4.Cosmosiaを起動してドコモIDを設定

docomo側で転送電話を設定

SIMを切り替えているときに電話が来た場合、U-mobileの番号に転送されるように設定。
転送電話の利用は無料。
ただし、転送された電話の通話は、相手からかかってきた電話でも転送区間分の通話料がかかる(この場合、自分のdocomoから自分のU-mobileに通話していることになる)
そのため、そこで長話するとかかってきた電話に高い通話料をかけることになるため、でても早めに切り上げたり、通話記録からかけ直したりしたほうが料金は安くなる。

docomo通話料金を抑えるため楽天電話に加入

楽天電話を使う決め手になったのは
・電話番号が変わらない
・電話番号通知も行われる
・通話品質が良い
というあたりです。050の番号をもらうと知合いに通知するのが面倒で…

実際の料金

docomo
基本料(タイプXiにねん(10年超)) 743
通話料 760
SMS通信料 36
spモード 300
留守番電話 300
ユニバーサルサービス料 3
楽天電話
楽天電話通話料 260(540)
U-mobile
U-mobile 新ダブルフィックス 1480
通話料 200
留守電 300
小計 4662
消費税 373
合計 5035

※楽天電話はキャンペーンで3分間無料だったため、通話分数から通常の価格を計算

ドコモのかけ放題プラン+データ2GB+留守電であれば7703円というシミュレーションなので、3000円弱節約しているということになる。
もちろん通話が増えてくるとこの差は縮まるので、MVNOするかはやはり通話料がどの程度かかっているかによるね…というお話でした。

ExpansysからASUS Zenfone 6 dual simを買ってみた

格安SIMをシムフリー機で運用してみたいが、いきなり乗り換えるのは難しいと思っていたので、一度使ってみたいと思っていたExpansysから個人輸入でDual SIM機を買ってみようと思った。
で、悩んだのがZenfone6か5かなのだが、5は国内正式販売されたので珍しい方と思ってASUS Zenfone 6に決定。

Zenfone 6 A601CG Dual SIMを選ぶときのポイント

基本的なスペックはZenfone6の商品ページでできるからいいとしてポイントだけ。
・初期OSはAndroid 4.3だけどAndroid 4.4.2への公式アップデートが既に出ている。
・実現するかは微妙だがAndroid 5.0へのアップデートもすると言っている。
・ディスプレイは6インチだが、解像度は1280 x 720なので、安心だフォン感はある。
・デュアルシムは両方共にmicro-SIM
・デュアルシムは両方共に3G対応(LTE非対応)
・デュアルシムは同時待ち受け可能だが、3G同時待受は不可能。GMS待ち受けできない日本では切り替えて使用することになる。
・優先SIMの管理は設定画面からソフト的に切り替えが可能。
・800MHz(FOMAプラスエリア)は掴めない。
・カメラの性能は今どきの高級機に比べるとイマイチ感あり。
Expansysで購入した時の価格は24,355円+送料。為替で変動するので今はちょっと変わっているかも。
支払いはPaypal経由のクレジットで行いました。

Expansysで購入すると送料はいくらになるのか

Expansysで注文すると発送をFedexとヤマト運輸で選べてFedexが2100円で1〜2日、ヤマト運輸が1600円で3〜4日と書いてあるのです。
さて、どっちを選ぶべきかという問題で、自分は500円なら早い方でとFedexを選んだのですが、ここにある落とし穴。
Fedexは休日に配送業務をやりません!
なので週末に買う場合はあまり関係ないかも。

関税もかかる

サイトで払う支払総額は商品代+送料で26455円だったのだけれど、商品によって関税がかかります。
受け取りの時に請求されるという情報も合ったのですが、自分の場合後からコンビニ払いの振込用紙がFedexから届きました。
1500円でした。

届いた!

結局週末をはさんで1週間弱で届きました。Fedexは国内の配達先までの部分は提携業者に委託しているので、実際に来たのは西濃運輸。不在の時の再配達指定の自由度がヤマトよりないので、やはりヤマト運輸を選んでおくべきだったかな。
とにもかくにも特にトラブル無く届きましたよ。

icon

ASUS ZenFone 6 – A601CG Dual SIM (SIMフリー, 16GB, Pure White)

OLYMPUS Stylus TG-3 Toughからwi-fi経由で取った写真をPCに転送する方法

接写機能に惹かれてOLYMPUS Stylus TG-3 Toughを買ったわけだが、防水機能もしっかりしているため、SDカードの取り出し口もUSBの接続口も2重ロックになっていて若干SDカードの出し入れが面倒。
Wi-Fi経由でアプリからスマホに撮った写真を転送する機能があるのだが、PCやNASに転送することについては説明書に記載がなかった。

とりあえずPCを直接OLYMPUS Stlus TG-3 Toughの提供するWi-Fiに接続してみることにした。

1. Wi-Fi機能を起動
2. 表示されたSSIDとパスワードでPCのwi-fiを設定
3. 接続したらTCP/IPのプロパティでゲートウェイを確認
4. ゲートウェイのURLに接続

自分の場合は192.168.0.10だったので
smb://192.168.0.10/
ftp://192.168.0.10/
と試してみるも失敗
http://192.168.0.10/
でアクセスすると中身が見えました。

ブラウザで一覧できて、欲しい写真を1枚ずつローカルに保存することは可能な感じだけれども、まとめて全て転送とかは難しそう。
わざわざスクレイピングして自動ダウンロードするスクリプト書く気にもならないし。

今のところ一番手軽なのは
1. OLYMPUS Stylus TG-3 Toughスマホの公式アプリImage Share(iOS/Android)でカメラからスマホに転送
2. スマホからNAS、PCに転送
という感じ。