cuisine francaise JJ (キュイジーヌ フランセーズ ジェイジェイ)

クリスマスシーズンの六本木は華やかでよいです。
毛利庭園からけやき坂のイルミネーション。そしてミッドタウンのイルミネーション。
イルミネーションの凝りようでいえばミッドタウンは頭ひとつ抜けてる感じがするね。

あ、いや、イルミネーションの話ではありませんな。

Pikuというクーポンサイトでcuisine francaise JJのクーポンが出ていたので、思わずゲット。クーポンサイトを利用してあたりを引いてみたかったというのもある。前回初めてクーポンを利用した際は散々だったんですよ。お店の名前は控えますが、新大久保の大長○という韓国料理屋はお勧めしません。

で、買ったクーポンはこれ。プリフィクスが8000円、13000円、25000円とあるうちの真ん中。半額は安いよね。

正直ある程度名前があるお店がクーポンを出すなんていうのは、よっぽど資金繰りがおかしくなっているか評判が落ちてお客が入らないかなのではないかと思ったので、ちょっと心配だったのだが、実際に行ってその不安は杞憂だったと分かった。

オフィシャルのトップページを見ると分かるけど、店構えはかなりかっちりとしていて気軽にひょいと入れる雰囲気ではないのだが、中に入るとこじんまりしてすっきりとした内装のお店だ。実際のところミッドタウンの2階なのだからもうちょっとカジュアルな入り口でもよいのではないだろうか。

アミューズブーシュ
フォアグラのポワレ 甘酸っぱい林檎のサンビヨーズ
きのこのスープ
ひらめのパイ包み、アメリケーヌソース
鹿肉の煮込み
フォンダンショコラ
コーヒー
小さなスウィーツをワゴンよりお好きなだけ

というコースだった。。。はずw
どれもオーソドックスにおいしい。驚くような新鮮味はないけど、着実においしい。そんな料理で内容には大満足。

接客がかなりフレンドリーで、とくに中村梅雀似のギャルソンがとても親切(話好き?)のようで、料理のことやお酒のことを尋ねると非常に丁寧に説明してくれた。
鹿肉に根セロリのピューレがついていたのだが、根セロリを食べたことがなかったので「どんなのだろうね?」と話していたら、厨房から根セロリを持ってきて見せてくれるくらい。

シェフのジョエルさんもきちんとテーブルに挨拶に来ていただいて、楽しく食事をすることができた。

自分は下戸なのであまり参考にならないかもしれないが、一緒に行った人がグラスでワインを4杯に自分がペリエを飲んで追加でかかったのが7000円程度。
すみません。自分が飲まないので飲んだ種類や価格が高いのか安いのかも分かりませぬ。ただ、お勧めしてくれたワインはどれも料理に合ってとてもおいしかった(とのこと)。
おいしい料理に気持ちのよい接客。自分はクーポンではなく普通に行っていたとしても満足だったろうなというお店だった。
おいしい料理を食べたいけどあまり堅苦しいところは嫌という人にはぴったり。
もっと流行ってもいいお店だと思う。

cuisine francaise JJ (キュイジーヌ フランセーズ ジェイジェイ)
オフィシャルサイト
食べログのページ

Pizzeria Bar Romana (ピッツェリア バール ロマーナ)

新宿に朝から買い物に出て、昼ごはんは何にしようかとフラフラしていたら、御苑近くまで来てここに入ることにした。
日曜は12時開店らしく11時50分ほどに来てしまったので、10分ほどテラス席で待たせてもらう。御苑を眺めながらテラス席で食べるのもいまならギイギリありかなと思ったが、やはり中で食べることにしましたw

店内はあまり広くなく、カウンター席10席ほどと、テーブルが一つ、奥にも1・2席あるのかな?というくらいなので、ゆったりとした席間隔ではない。小さなお店だから、そこはあまり気にならないけどね。ほんとにゆっくり結ったり休日の食事をというときよりは、軽くピザでも食べる?くらいの感覚のときに行きたい感じだ。

ランチは1000円でピザorフォッカッチャorパニーニ+スープ+ドルチェ+食後ドリンク、1500円が+前菜、2000円が+前菜+メイン(ピザは2人で1枚、2名以上)という3コース。
ピザは何種類か選べるが、マルゲリータ以外は料金が追加だった。

今回は1000円のコースを2人で頼み、自分はマルゲリータ、もう一人は自家製ソーセージとかぼちゃのピザ(+300円)を選択。
コースとは別に大山鶏のパテ(600円?)をアラカルトで注文した。

パテはあっさりとして臭みも無く、鶏肉にありがちなぱさつきがなく、おいしくいただけた。
スープはおまけ程度w

肝心のピザだが、今週も先週に引き続きローマ風ピザ。名前がロマーナだしね。

本格的ローマピザというのがどんな物かハッキリとはわからないが、薄い生地でパリパリした感じがメインだが、そこまでパリッパリでもない感じ。イメージ的にはローマ風ってもっとパリパリじゃない?という感じはする。
でも、そこまでローマ風にこだわっている人ではないのでおいしくいただけました。薄いから大きくても女の子でもいけちゃう分量だと思われます。それでいて見た目のボリュームはあるから、気分は満足w

ドルチェのアイスクリーム(ジェラートって言ってたけどw)も変なケーキを出されたりするよりクオリティに不安が無くてよかったと思う。
値段的に凄くおいしいデザートが出てくるとは思ってないけど、あまりにグダグダなデザートだと食事全体の印象が悪くなるものね。

一緒に言った人は「アマノのピザランチよりいいんじゃない?」と言っておりました。ボリュームと値段のバランスが良くていいと思います。近所に来たときにまた食べてもいいなって思うお店です。(中の上の褒め言葉)

小さくて家庭的というかギュッとした感じの店内なので、気の置けない友人や家族とくるのによいと思う。付き合いはじめだったりしておしゃれ感が欲しい人はアマノの方へ。

RISTORANTE SORRISO (リストランテ・ソリッソ)

きちんとしたランチが食べたくて予約してもらって飯田橋~神楽坂の飯田橋よりあたりにある人気イタリアンRISTORANTE SORRISOに行ってきた。

日曜のランチだけあって、なかなかの混みっぷり。
予約していたのでよかったが、4・5組並んでいたように思う。

ざっくりとした内装の広い店内で、小さなビストロにある席が狭すぎるということがないだけでも日曜のランチにはぴったりだ。

ランチがお値段三種類あったが真ん中の2100円のランチをお願いした。

ホタテのソテー・白いんげんのピューレ添え
マッシュルームとオリーブのピザ
鳥もも肉のロースト
コーヒープリン
ホットコーヒー

全体的にどれも火が入りすぎている感じがあったのがやや残念だが、値段・場所・ボリュームを考えると合格点じゃないだろうか。
あと、ピザははやりのナポリピザじゃなくてローマ風(?)らしいので、モチモチピザが好きな人は要注意。
ただ、パン(フォッカッチャ?)だけは驚くほどまずかったのは記しておこう。

カルミネさんが店内にいたのだが、レオンの表紙のような格好をしていました。
ちっちゃいけど貫禄あり。
並んでまで食べたくないけど、近くによる予定があったら予約して入ろうという感じお店でした。

★★★☆☆