ExpansysからASUS Zenfone 6 dual simを買ってみた

格安SIMをシムフリー機で運用してみたいが、いきなり乗り換えるのは難しいと思っていたので、一度使ってみたいと思っていたExpansysから個人輸入でDual SIM機を買ってみようと思った。
で、悩んだのがZenfone6か5かなのだが、5は国内正式販売されたので珍しい方と思ってASUS Zenfone 6に決定。

Zenfone 6 A601CG Dual SIMを選ぶときのポイント

基本的なスペックはZenfone6の商品ページでできるからいいとしてポイントだけ。
・初期OSはAndroid 4.3だけどAndroid 4.4.2への公式アップデートが既に出ている。
・実現するかは微妙だがAndroid 5.0へのアップデートもすると言っている。
・ディスプレイは6インチだが、解像度は1280 x 720なので、安心だフォン感はある。
・デュアルシムは両方共にmicro-SIM
・デュアルシムは両方共に3G対応(LTE非対応)
・デュアルシムは同時待ち受け可能だが、3G同時待受は不可能。GMS待ち受けできない日本では切り替えて使用することになる。
・優先SIMの管理は設定画面からソフト的に切り替えが可能。
・800MHz(FOMAプラスエリア)は掴めない。
・カメラの性能は今どきの高級機に比べるとイマイチ感あり。
Expansysで購入した時の価格は24,355円+送料。為替で変動するので今はちょっと変わっているかも。
支払いはPaypal経由のクレジットで行いました。

Expansysで購入すると送料はいくらになるのか

Expansysで注文すると発送をFedexとヤマト運輸で選べてFedexが2100円で1〜2日、ヤマト運輸が1600円で3〜4日と書いてあるのです。
さて、どっちを選ぶべきかという問題で、自分は500円なら早い方でとFedexを選んだのですが、ここにある落とし穴。
Fedexは休日に配送業務をやりません!
なので週末に買う場合はあまり関係ないかも。

関税もかかる

サイトで払う支払総額は商品代+送料で26455円だったのだけれど、商品によって関税がかかります。
受け取りの時に請求されるという情報も合ったのですが、自分の場合後からコンビニ払いの振込用紙がFedexから届きました。
1500円でした。

届いた!

結局週末をはさんで1週間弱で届きました。Fedexは国内の配達先までの部分は提携業者に委託しているので、実際に来たのは西濃運輸。不在の時の再配達指定の自由度がヤマトよりないので、やはりヤマト運輸を選んでおくべきだったかな。
とにもかくにも特にトラブル無く届きましたよ。

icon

ASUS ZenFone 6 – A601CG Dual SIM (SIMフリー, 16GB, Pure White)